アスベスト分析調査

アスベストは、1975年(昭和49年)に、吹付アスベストの使用が禁止された。

また、2004年(平成15年)に石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止、2006年(平成17年)には基準値が0.1%以上へと改定された。

1960年代(昭和34年~43年)に製造されたものについては廃棄する際には注意が必要です。

現在では、一切の 製造・輸入・使用・譲渡・提供が禁止されている。

建物解体
工事の注意
・築年数が古い建物に含まれている可能性が高い
・外壁塗膜材、下地材への混入 
(使用箇所:ボイラー室、空調機械室 立体駐車場等多い)

分析方法

工事前

定性分析
アスベスト含有の有無を分析します。(有る・無しの判断基準)

定量分析
定性分析で含有が判明した場合に含有量を調べます

工事中

粉じん濃度測定
解体工事に伴うアスベストの飛散状況の有無を調べます。
(工事前・工事中・養生撤去後・工事後 + 各敷地境界線上 / 4回実施)

アスベスト分析方法
方法 使用機器 備考
JIS A-1481-1
定性分析
偏光顕
微鏡
国土交通省が奨める方法
国際規格に準拠
JIS A-1481-2
定性分析
分散顕微鏡
X線回折装置
厚生労働省が奨める方法

アスベスト分析

アスベストの豆知識

アスベスト
分析対象主成分
クリソタイル
クロシドライト
アモサイト
アンソフィライト
トレモライト
アクチノライト

天然の鉱石

「耐火性・断熱性・防音性・耐摩耗性」にすぐれている

輸入されたアスベストの90%以上は建材に使用されていた

JIS A-1481-2 位相差分散顕微鏡における定性分析資料

分析資料

サンプル方法
試料 建材 吹付材 塗膜材
採取分量 10cm角程度 5g程度 2~3g程度
採取容器 完全密閉
(チャック式密閉袋等・・)
採取時 防塵服 防塵マスク 防護メガネ 手袋
防護服

アスベスト使用箇所

木造家屋

木造家屋
  注意 安全
木造家屋 屋根 住宅屋根用化粧スレート 瓦風屋根材 粘土瓦 セメント瓦
軒下 ケイ酸カルシウム板 フレキシブル板 木材
外壁 窯業系サイディング モルタル グラスウール
天井 石綿吸音板 石膏ボード&クロス
Pタイル フローリング
台所・ 浴室 ケイ酸カルシウム板 フレキシブル板 石膏ボード モルタル

■全ての箇所を示すものではりません

鉄骨造家屋

鉄骨造家屋
  注意 安全
鉄骨 鉄筋 鉄骨部 吹き付けアスベスト 吹き付けロックウール  
屋根 波型スレート 防水加工
天井 吹き付けアスベスト 石綿吸音板 石膏ボード
外壁 押出成形セメント板  
ベランダ フレキシブル板  
給湯室 ケイ酸カルシウム板 フレキシブル板  
EV 駐車場 吹き付けアスベスト 耐火被覆板  

■全ての箇所を示すものではりません

アスベストを含む建材の確認には

国土交通省、経済産業省が公開している
石綿(アスベスト)建材データベースにて
検索できます。
アスベストを含む建材の確認

Q&A

Q アスベストの分析は何故するの?
A 石綿に関連する以下法令に基づき適正に作業を行う必要があるため。

  • ・大気汚染防止法
  • ・労働安全衛生法、石綿障害予防規則における規定
  • ・廃棄物処理及び清掃に関する法律における規定
  • ・建築基準法における規定
  • ・建設リサイクル法における規定
  • ・地方自治体の条例

まずはお気軽にお問い合わせください